介護のフランチャイズでラクラク開業│現場で必要なもの特集

様々な車の種類

桜を見る

福祉車両は、様々なところで活躍しています。実際に福祉施設で活躍しているものもあれば、個人用として購入している人もいます。福祉車両には、様々な種類があります。人気があるものにリアスローブと呼ばれるものがあります。車からスローブがでているもので、介助者と一緒に車椅子でスローブに乗りスムーズに移動することが出来ます。地面とスローブが設置していることから、車椅子のままの乗車も不安感がなくなります。車内では、車椅子を固定ベルトでしっかりと固定することができることから、無駄な動きがなく車内でも安心することができます。また、リアリフトと呼ばれるタイプも人気があります。簡単な操作で昇降できるリフターがついており、車いすの人も安心して使うことが出来ます。以前は大型車に搭載されていることが多かったものですが、最近はミニバンタイプの車にも搭載されることが増えてきており、個人の人の普段使いとしても利用されています。

福祉車両の中で、最近多くなってきたものがサイドリフトと呼ばれるものです。助手席、もしくは2列目のシートがい開店するというもので、車椅子で移動する人やケガをしているという人に最適なものです。なお、スライドアップシートという回転した後、シートがさらに乗り降りするタイプもあることから、より快適に移動が行えるようになってきました。ミニバン等に設置されていることが増えてきており、コンパクトながらも非常に利便性が高いです。なお、福祉車両は、足が不自由な人が運転できる車も含まれています。このような車では、運転補助装置がついており、足が不自由でも手動で運転できるように改良されています。手動でアクセルやブレーキ、ハンドリング等の補助を行う装置がついていることから、気軽にドライブを楽しむということができるようになっています。